テッサロニキからソフィアinブルガリアまでの移動方法

ギリシャ

ギリシャのテッサロニキからブルガリアのソフィアまでの移動について

主な移動手段はこの3つです。

 【移動手段】
・電車…朝に1本のみ、約8時間半
・バス…約17~35$、約5時間
・飛行機…直行便なし

私はバスを利用しましたが、とてもオススメです!
冷房やUSB充電口もあり、乗客は少なく快適に移動出来ます。乗車時間は5時間で長すぎず
個人的には窓から見たブルガリアの景色が素敵でした。永遠と続くひまわり畑に、変な崖、放牧された牛や羊に馬。眠いのに、ずっと外を眺めていました!笑

今回は、バスでの移動方法についてご紹介します。

予約方法

Omioというサイト(アプリもある)で調べて予約しました。

このサイトは優秀で、ヨーロッパ間とヨーロッパ国内、北米での移動手段を検索することができます。日本語も対応しています。ですが、たまにomioには出てこない交通手段もあるので(特に飛行機と短距離の電車)、最も安い方法で行きたい!という方は、omioで調べた後に、他に安いプランがないか追加で調べてみるといいと思います。

※バスはとりあえずomioで検索がおすすめです。

料金

 【価格の目安】
夜行バス:大体17$~
日中のバス:大体22$~
・バス会社によって値段が違う

私が利用したバスは、14時半発で一人あたり24$でした。
(バス会社:TOURIST SERVICE)

乗り場

テッサロニキの国際線バス乗り場ですが、ちょっとわかりにくかったです。
駅のホームを出て、ホームを背にして左の方にずっと進んでいくと乗り場があります。(途中”KTEA”という看板があります)

※バス会社によって、乗り場がテッサロニキ駅周辺とは違う可能性がありますのでご注意ください。

バスの手荷物

バス会社が「TOURIST SERVICE」の場合

【荷物上限】
・預入荷物:1スーツケース / 30kgまで / サイズ100×60×30cm
・車内持ち込み:8kgまで

予約前に荷物の制限を確認する事はできませんでした。
ちなみに、荷物の重量チェックはありませんでしたし、重量チェッカー的な道具もなかったと思います。

バスの車内

冷房やUSB充電口もあり快適でした。
座席もそれほど狭くありませんし、ガラガラだったので一人で二席使えちゃいます(笑)
ちなみに、私が乗ったのは「TOURIST SERVICE」というバス会社ですが座席指定ありませんでした。

国境を超えるとき、こんな感じだった

乗車後、約2時間半でブルガリアの国境に着きました。
国境を超える時は一度バスから降りる必要があり
降りたところに、出国と入国審査用のブースが連なってありました。
指示されたとおり、出国審査でパスポートを渡したのち、入国審査の窓口で、入国目的がバケーションorワークか答えると、通過できます。

その後、私たちだけ荷物検査がありました(笑)
大きいスーツケースを持っていて、日本人が珍しかったからかな?
とりあえず、スーツケースを開けて中身を見せました。
警察から、「日本から来たの?」と聞かれたので
怪しまれそうですが正直に「日本→エジプト→イタリア→ギリシャ→今です」と伝えたところ「OK!have a good trip」と気持ちよく入国できました。

おわりに、omioプチ情報

omioでこのバスの予約をした数日後、次回使えるクーポンが配布されました。
使用期限は短かったので、移動予定のなかった私は使えませんでしたが、、、

ただ、会員登録せずアプリ入手をしなかった彼は予約後にクーポンが配布されていませんでした。
omioの気まぐれかもしれませんが、アプリ入手か会員登録のどちらかがクーポンゲットできる要件かもしれませんので、海外でよく交通機関使う方は”アプリ入手と会員登録”するといいかもです。

(ヨーロッパ、北米の鉄道・バス・航空券の予約サイト:Omio)

以上です。皆様も楽しい旅を!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました